化粧崩れしにくいように化粧下地を塗る

夏は日差しも強くて皮脂も出やすいから、紫外線対策と化粧崩れが夏のメイクの肝になってきます。
だから、下地にはUVカット効果があるものがベストだし、化粧崩れしにくい下地の付け方なんかも考えなくてはいけません。

カバー力が高くて皮脂コントロールをがっちりしてくれるテカらない化粧下地もあるんですが、乾燥肌の私には作用がきつすぎて、逆に肌が乾燥してしまって肌がカサカサになってしまうんです。

だから、基本的に皮脂コントロールするような下地は使わないで、自分の肌にあった化粧下地の塗り方などを工夫して化粧崩れしにくいように心掛けています。

まず、下地の塗りすぎはアウトです。
UVカット効果があるため、油分を多少は含んでいるので、塗りすぎると化粧崩れしやすくなるんです。
肌のアラを隠そうと厚塗りするよりも、カバーするのはコンシーラーやファンデに任せた方がぶなんです。

そして、スキンケアしてきちんと時間が経ってから下地を塗るのが大事です。
乳液の油分を優しく吸い取って、テカらない化粧下地を付けるとなお効果的です。